名古屋の建築設計事務所
Tel 052-761-7091

設計事務所と家をつくること

住宅を建てるにあたって、設計施工の会社(ハウスメーカーや工務店など)への依頼をお考えになる方が多いと思います。しかし、施工会社には施工だけを依頼し、それとは別に設計事務所(建築家)に設計監理を依頼して家を建てる方法もあります。その違いについてご説明したいと思います。蒼生舎は設計事務所ですので、設計事務所に依頼した場合の特徴についてお話しします。

※ このサイトでの「設計事務所」とは、建築主から直接依頼を受け、施工会社とは独立した立場で仕事をする「設計事務所」のことを指しています。そのため、設計監理のみを業務とし、施工業務は行いません。
設計事務所が「おすすめ工務店」を紹介することが多いので分かりにくいかもしれませんが、個々の住宅に適した施工会社を選んで提案するのが「おすすめ工務店」であり、設計事務所の関連会社や提携工務店ではありません。
そのため、施工会社を兼業している「施工兼業の設計事務所」には当てはまらない内容が多くなりますので、ご了承ください。

1.客観的に検討できる

住宅の施工会社は、対応できる工法や規模などが限定されていたり、得意な分野が決まっているところが多くあります。施工会社からの設計提案は自社で施工することを前提にしていますので、限られた工法や仕様の中での提案になります。
設計事務所の場合は、そういうことに縛られない立場ですので、客観的な視点で最適な計画を検討することができます。施工会社の選択は、計画内容が決まってから、その住宅に合った施工会社を選ぶことになります。

2.デザインも重視

設計事務所はデザインを重視しています。もちろん構造や耐久性や使い勝手などを考えながら設計をしていますが、「美しさ」や「居心地の良さ」のことも同時に考えています。
デザインについては好みが大きく分かれる部分です。お好みのテイストについては、建築主のご意向をお伺いすることで、ある程度の対応はできると思います。しかし、格好良いと思うかたち、バランスが良いと感じるプロポーション、心地良さを感じる空間構成やスケール感や開口部のバランス、など言葉ではうまく表せないことがデザインの大部分を占めます。
お好きなデザインの家をつくるためには、デザイン感覚の合う設計事務所を見付けることが近道だと思います。

3.監理業務

設計事務所は設計だけではなく、以下の監理業務も行います。

  1. 建築主の立場に立って、工事請負契約(建築主と施工会社の工事契約)に定められた適切な工事が行われていることを確認します。
  2. 施工者が円滑に工事を進行できるように、技術的に協力します。

また、施工会社の選択や見積書内容が適切かどうか、施工会社からの提案が有益で妥当なものか、なども検討して助言します。このことは、建築主の方が施工会社に対して過度な過信や不信を抱かず、良好な信頼関係を築いていくことに役立ちます。

4.個別対応の設計監理

施工会社の設計料が数十万円なのに対し、設計事務所の設計監理料を高いと思われる方がいるかもしれません。この金額の違いは、設計監理の内容と業務量の違いによるものです。
設計施工会社には自社の「標準仕様」という暗黙の了解があるので、細部の設計を行わなくても見積りや工事ができます。この方法は効率が良く、自由度の少ない規格住宅ほど設計料も工事費も安くなる傾向があります。

一方、個々の住宅に合わせた設計をする設計事務所の場合、詳細まで設計し図面化して、施工会社に設計内容をきちんと伝えなければ正確な見積りや工事ができません。設計の自由度が高いということは、建築主のご要望をお伺いして整理する内容も多くなります。フルオーダーの注文住宅の場合、適当な既製パーツがなければ職人に製作してもらうことも視野に入れて設計します。その設計図も必要です。また施工者と何度も打合せをし、設計意図通り施工されているかどうかを現場で確認もします。その分多くの時間と手間がかかります。

効率がいいとは言えませんが、以下のような必要性とメリットがあります。

5.オーダーメイド型注文住宅の設計

オーダーメイド型注文住宅にとって、設計内容を詳細に図面化することは必要不可欠なことです。これによって、建築主と施工会社はこれからつくる住宅の詳細を共有することができます。
完成した設計図書は製本して建築主・施工者・設計者がそれぞれ持ちます。また工事契約書にも添付されます。

6.将来に備えて

設計事務所(建築家)の設計には、独自色が強いイメージをお持ちかもしれません。しかしそれはデザインについてだけであって、そのベースになっている工法や使用材料は一般的なものです。設計事務所は、どの施工会社でも工事ができるように、多くの詳細な設計図を用意します。そして、どの施工会社でも分かる表現で図面が描かれ、誰でも入手可能な材料を使い、ベーシックな工法(又はそのアレンジ)を前提に、オリジナルデザインの建築を設計しています。

このことは将来のメンテナンスやリフォーム工事の時にも役立ちます。
基本的にメンテナンスは新築工事をした施工会社に依頼することになりますが、もし数十年後だと当時の担当者はもういない(いても詳細は覚えていない)と思います。又これからの住宅業界の動向も予測できないのでその会社に依頼できるかどうかも分かりません。
特定の会社しか対応できない工法・仕様・材料に依存していない建物であれば、どの施工会社でも対応できます。(図面を見て分かる監督や職人がいる前提ですが)詳細な設計図があれば、見えない部分がどうなっているかも大体分かります。
オープンな工法や材料と図面化は、将来何かと融通がきくことだと思います。

家づくりの準備 へ戻る ▶

愛知県名古屋市千種区高見1丁目26-4
タカミ光ビル205 tel 052-761-7091
一級建築士事務所 設計工房 蒼生舎


Page
Top

Copyright © souseisha architectural design studio All Rights Reserved.