名古屋の建築設計事務所
Tel 052-761-7091

対応している工法

蒼生舎では以下の中から、個々の住宅について最適な工法を選択して提案しています。

上記以外でもオープンな技術に基づく一般的な工法(又はそのアレンジ)であれば大体対応できます。

一方で、施工会社を限定する認定工法(軽量鉄骨造など)には対応ができません。リフォームのご相談に関しても、ハウスメーカーの認定工法で新築された住宅については、申し訳ありませんが対応しておりません。

成り立ちから見る対応工法

住宅の依頼先を4種類に分けて、その成り立ちや対応している工法をお伝えしようと思います。成り立ちを見ることで特徴を理解し易くなると思います。

※ 下記の内容に当てはまらない会社もあるかと思いますが、大筋の説明ですのでご了承ください。

= 住宅設計の設計事務所 =

設計事務所が行う事業用建物・公共建築などの設計監理の進め方を、戸建て住宅に適用したのが住宅設計の設計事務所です。与条件からその建物に適した工法を選択するという考え方ですので、状況に応じて木造、RC造、重量鉄骨造、混構造を使い分けます。
大手設計事務所では戸建て住宅の設計は殆どしませんので、住宅設計を行っているのは小規模な設計事務所が多くなります。設計監理のみを受託するので、小規模な割には多くの工法に対応できる特徴があります。施工は下記の工務店(建設会社)が行います。
蒼生舎はここに該当します。

= 工務店(建設会社) =

建設会社の規模と、施工対応する建築物の規模は大体比例しています。大手建設会社(ゼネコン)は特別な事情がない限り住宅の仕事はしませんので、住宅の施工をしているのは主に小規模な建設会社です。この比較的小規模な建設会社のことを工務店と呼ぶことが多いです。設計と施工の両方を行う工務店と、施工のみを行う工務店とがあります。
建設会社では毎回違う建物を建てるので、前例のない工事や予定外の出来事に臨機応変の対処をしていく必要があります。そのため現場の状況を把握している監督が、裁量権を持って速やかに判断していける体制をとっています。住宅の工務店もその流れを汲んで同様の体制をとっていますので、変則的な要求への対応力は高いです。また昔ながらの手仕事ができる職人達と古くから付き合っていることも、対応力の幅を広げています。
工務店には色々な個性があります。木造を得意とする会社もあれば、RC造を得意とする会社もあります。高級住宅ばかりを扱う会社があったり、リフォームが中心の会社もあります。多種多様で得意分野のばらつきが大きいので、目的に合った工務店を選ばないと話がうまく進みません。
また、設計・施工の両方を行う工務店では、自社の施工体制に合わせた設計をするので、工法が限定された設計提案になることがあります。

= ハウスメーカー =

戦後の高度成長期の住宅不足を補うため、工場で大量生産して品質の安定したものを安価に提供する目的でつくられました。職人の手作業をできるだけ減らし、生産システムの効率化を図りました。それぞれが「独自の工法」を持つことが多いのはこのような経緯によります。製造業(メーカー)の考え方を採り入れて建築物の商品化を始めたハウスメーカーは、一品生産を基本とする建設業界の中では異色な存在と言えるかもしれません。
「独自の工法」の例としては軽量鉄骨造があります。認定を取得した会社で設計・施工することを前提にした認定工法で、戸建て住宅や小規模な共同住宅に使われています。これらの「独自の工法」は、設計事務所や建設会社にとっては一般的な工法ではありませんので、そのハウスメーカー以外で取り扱われることはありません。
一定品質の商品を大量生産することが原点にありますので、ハウスメーカーは規格型住宅を得意分野としています。

= ビルダー =

時代の要求の変化に伴い、ハウスメーカーが多様化にも徐々に対応していく過程で、量産のメリットが薄れ当初の目的の一つであった「安価に提供」ができなくなっていきます。
同時期に、木造在来工法のプレカット(工場で機械加工)化や、システムバス・既製品建具など建材メーカーによる住宅パーツの商品化が進んできました。これは自社工場を持たない規模の住宅会社でも、工場生産比率を高めた規格型住宅をつくれる環境が整ってきたことを意味します。
その頃に現れたのがビルダーと呼ばれる住宅会社です。ハウスメーカーより会社の規模が小さく、独自の工法や建材の開発に経費をかけないことで、ローコストを売りにした規格型住宅をつくっています。ビルダーの多くは工事費を前面に出した広告で安さをアピールしていることが多いので、分かりやすいと思います。主に木造在来工法を採用しています。

= 嗜好に合わせて選ぶ =

それぞれ特徴があります。人間の嗜好は多様なので、その方の価値観によってどれがベストなのかは違ってきます。まず最も重視したいことを決めてカテゴリーを絞った方が、ご希望の依頼先が早く見つかるのではないかと思います。


Page
Top

愛知県名古屋市千種区高見1丁目26-4
タカミ光ビル205 tel 052-761-7091
一級建築士事務所 設計工房 蒼生舎

Copyright © souseisha architectural design studio All Rights Reserved.