名古屋の建築設計事務所
Tel 052-761-7091

建物の規模やプラン・敷地の状況・建築主のご要望に応じ、木造、鉄筋コンクリート造(RC造)、混構造、鉄骨造(S造)から、 耐震性・快適性・コスト等のバランスを考えた最適な工法を選ぶようにしています。また、それぞれの工法を得意とする工務店を提案しています。

木 造

木造は、ローコスト住宅から数寄屋などの高級住宅まで幅広く対応できるのが木造です。軒の深い木造住宅は、日差しがきびしく雨の多い日本の夏に適しており、断熱材をたくさん入れる近年の工法では冬も過ごしやすく居住性は向上しています。プランの自由度が高く、軽量なので基礎など構造部への負担が小さくてすみます。土台や柱に国産桧を使うので森林活用にもつながります。

鉄筋コンクリート造(RC造)

鉄筋コンクリート造の建物はとても重く、これが長所でもあり短所でもあります。重量があることで耐風性や遮音性が高まりますが、自分自身の重みに耐えるために構造部材が大きくなります。比較的大きな住宅に採用することが多く、地下車庫や屋上テラスのある住宅にも向いています。近年、工事費相場が上がってしまっており、鉄筋コンクリート造を選択する場合は余裕をもった資金計画が必要です。

混構造

鉄筋コンクリート造+木造、鉄筋コンクリート造+鉄骨造など2種類の構造を組み合わせた工法です。それぞれの特徴を組み合わせたい時に採用します。地下車庫付の木造住宅などが典型的な例になります。

鉄骨造(S造)

鉄は材料強度が高いのでRC造と比較すると柱・梁のサイズを小さくすることができます。熱を伝えやすく振動しやすなど居住性のマイナス面もありますが、狭小敷地の3階建てには適した工法といえます。曲面や大きな片持ち構造など形の自由度が高いのも特徴です。
近年は、溶接工が不足しているにもかかわらず事業用建物の新築工事(鉄骨造のものが多い)が増加したことで、鉄骨工場の確保が難しくなり、工事費もRC造くらいの価格になっています。そのため溶接と高力ボルト締めを併用してつくる重量鉄骨ラーメン構造の住宅建設は、非常に少なくなっています。
(ボルト締めが多いハウスメーカーなどの規格型鉄骨造であれば、上記の影響をそれほど大きく受けていないかもしれません。)


Page
Top

木造・RC造をもっと詳しく

蒼生舎の木造住宅(木の家)とRC造住宅(鉄筋コンクリートの家)についてのもっと詳しい説明を別ページでご用意しています。下のリンクボタンからご覧ください。

オーダーメイドって?

オーダーメイドって言われても何がどう違うのか分かりにくいと思います。そこで蒼生舎では「こんなことができます」や「これはできません」という具体例を挙げてみました。下のリンクボタンからご覧ください。(項目はこれから増やしていく予定です。)

Copyright © souseisha architectural design studio All Rights Reserved.